那覇から20分のリゾート

那覇から20分のリゾート、ナガンヌ島桟橋前

サンゴ礁で出来た小さなナガンヌ島は、周りをサンゴ礁に囲まれている為、非常に穏やかな海が特徴的です。ナガンヌ島の南側に、無人島上陸ツアー用の船がつく桟橋があり海底は砂地のなだらかな地形が広がっています。ウミガメの生息数が多く、『亀の家』と呼ばれる大岩では、昼寝をしているウミガメをよく見ることができます。ダイビングはもちろん、さまざまなマリンスポーツをするのにも最適な場所として、高い人気があります。

・初級者から楽しめるダイビングエリア
ナガンヌ島桟橋前は初級者から楽しめるダイビングエリアです。サンゴの多いポイントなので誤って傷をつけないように注意が必要です。初心者でも十分にダイビングを楽しめる場所ですが、海の中の環境を守るためにもある程度の中性浮力のコントロールのスキルは必須です。

白い砂地にはクロナマコが生息しているので、白色と黒色のコントラストを見ることができます。これは不思議な光景です。またウミガメが多く泳いでいるのでダイビング中に遭遇することができます。

・無人島でもあるナガンヌ島
ナガンヌ島は無人島ですが、宿泊棟やダイニングテラス、水洗トイレや売店等も設置されているので、リゾート地として楽しむことができます。那覇からもすぐに行ける距離にあるので、行きやすい点も魅力的です。

ウミガメの産卵地としても知られていますし、多くの自然がそのまま残っているので、普段は見ることの出来ない珍しい生物に遭遇できるチャンスが広がっています。元々ダイビングに葉興味がなかったが、体験ダイビングがあるから挑戦してみて、このスポットで初めてダイニングをしてその魅力にはまってしまったという人も多くいます。ナガンヌ島での体験ダイビングは、初心者にもおススメです。