ドラゴンレディでゆったりダイビング

座間味島の南にあるトウマ浜の西端のポイントにあるのがダイビングで人気のスポットである「ドラゴンレディ」です。海底一面に広がる、砂漠の様に真っ白に輝く砂地はどこまでも続いている様に見えます。その上を、ゆったりと漂うと、まるで宇宙遊泳をしているような気分でダイビングを楽しむことができます。

・ドラゴンレディは映画の撮影地
ドラゴンレディは1989年に公開された『彼女が水着にきがえたら』という映画の撮影地で、撮影のセットとして使用された場所です。
映画の撮影の為に、トウマ浜に飛行機が沈められていますが、映画の撮影が終了しても引き上げられることなく座間味村の希望で、そのまま残されました。その飛行機の名前から「ドラゴンレディ」というポイント名が付いたそうです。

撮影が行われてから、既に20年以上が経っていますので飛行機は、波や台風の影響を受け、機体はバラバラになってしまっています。風化されていますが、翼や胴体、コックピットや計器類等の一部だと分かるものもまだ残っているので、歴史を感じられるポイントとなっていますし、これはこれで味わい深いです。この映画の公開当時は、前代未聞の一大ダイビングブームを巻き起こしたとも言われており映画をきっかけにダイビングを始めた方も多くいるようです。

・心身共に、癒されるポイント
ドラゴンレディは、透明度も良く白い砂浜が続く、癒しのダイビングスポットです。真っ白い砂の中には、ヒメオニオコゼが埋もれています。前足のような爪でゆっくりと歩きかわいらしい姿に見えますが、ヒレには毒があるので、充分注意しながら、観察しましょう。

また、このほかにも多くの魚を見ることができます。スカシテンジクダイ、ヨスジフエダイ、クロオビアトヒキテンジクダイ、ユカタハタ、ハナミノカサゴ、クマノミ、ハゼ、ガーデンイール、ウミウシ等、たくさんの種類の生き物を見ることが出来ますのでとっておきのダイビングスポットです。のんびりゆったりとした時間が流れている場所なので、海の中の風景に思う存分、癒されることでしょう。